レストラン・バー [スカイラウンジ&バー カプリコン]

2017/11/22

香りのアーティスト"MAKI UEDA"による嗅覚アート展示開催(11/29~12/17)

アートホテル石垣島13Fスカイバンケット&バー「カプリコン」にて嗅覚アート展示いたします。

アートホテル石垣島 最上階スカイバンケット&バー「カプリコン」にて、香りのアーティスト"MAKI UEDA"による嗅覚アート展示開催いたします。

ローズの香りを分解し、再構築するキャンドルの展示。
180度パノラマにきらめく石垣島の夜景、美味しいお酒とともに香りのアートをお気軽にお楽しみいただけます。

開催日:11/29(水)~12/17(日)
時間:18:00~24:00
場所:アートホテル石垣島13Fスカイバンケット&バー「カプリコン」

※バータイムでの展示となります。
※お店をご利用の方以外はご覧いただけません。
※パーティなど貸切営業の場合は、展示はございません。(貸切営業につきましては、HPの新着情報にてご案内いたします。)

アートホテル石垣島13Fスカイバンケット&バー「カプリコン」では、バータイムにて180度ガラス張りの店内から煌めく夜景を見ながら美味しいお酒をいただく、素敵なひとときをお過ごしいただけます。

今回のアート展示により、視覚・味覚に加えて嗅覚も刺激する、上質な時間・空間をご提供いたします。

◆アート展示開催の経緯

アートホテル石垣島では、大規模なアート・フェスティバルである「文化庁メディア芸術祭石垣島展」が開催されるにあたり、地元でも盛り上げていきたい!とアートの展示を企画。このたび、石垣島にアトリエを構えつつ、国内外で精力的に活動している「香り」のアーティスト、MAKI UEDAとのコラボレーションが実現。
さらに、文化庁メディア芸術祭石垣島展 協賛プログラム「やえやまアートホッピング」への参加が決まりました!

◆展示内容

それぞれのキャンドルの香りと、空間で調和される香りをお楽しみください。

「香りのアーティスト」MAKI UEDAが、ローズの香りを複数の香りに分解。
それぞれの香りをまとったキャンドルを制作。
1つ1つのキャンドルが異なる香りを放ちつつ、1つの空間の中で混ざり調和してローズの香りが再構築されます。

沖縄県民、県外の方、海外からお越しの方、世界中の方が記憶のどこかで知っているであろうバラの香りをテーマにすることで、ご来店いただいたお客様に親しみやすいアートとしてお楽しみいただけます。

1つ1つのキャンドルの香りと、全体の香りを比べたりしながら、ホテル最上階の眼下に広がる煌めく夜景と、美味しいお酒をご堪能ください。

◆石垣島のローズ

コウシンバラ(石垣島「ガーデンパナ」ガーデンにて撮影)

石垣島にも古くからバラが自生。
コウシンバラという種類で「島バラ」「トーヌメ」とも呼ばれ親しまれてきました。
四季咲きであるものの、冬~春にかけて咲くものは食用花としても使われています。

「カプリコン」ではアート展示期間中、コウシンバラのジャムを使ったスペシャルスイーツ・スペシャルカクテルを数量限定でご提供いたします。お楽しみに♪

◆アーティストプロフィール

MAKIUEDAプロフィール

1974年東京生まれ。2000年よりオランダ在住。
2000年文化庁派遣若手芸術家として、2007年ポーラ財団派遣若手芸術家として、オランダ&ベルギーに滞在。

2005年以来、嗅覚とアートの融合を試み、匂いを素材として作品を制作・発表する。独自の手法で、食べ物、香辛料、体臭などありのままの匂いを素材から抽出し香水化。幼少の思い出の匂い、アイデンティティの匂い、感情の匂い、歴史の匂いなどを作り出し、インスタレーションやワークショップなどの形で作品を発表している。

現在は石垣島を拠点とし、ヨーロッパを中心に世界各地で展示やワークショップを行う。
欧米で流行中の嗅覚アート界の先駆者的アーティストのひとり。オランダ王立美術学校&音楽院の学部間学科Art Science 非常勤講師として教鞭をとり、嗅覚のアートを広めている。

2009年、ワールド・テクノロジー・アワード(アート・カテゴリー)にノミネート、2016年世界的な嗅覚アートアワード"Art & Olfaction Awards"ファイナリスト。(オンライン・ポートフォリオ:http://www.ueda.nl/index.php?lang=ja

石垣島では、南国・石垣島のさまざまな香りが堪能でき、調香体験ができるユニークな古民家アトリエをオープン。嗅覚教育と嗅覚のツーリズムに取り組む(http://www.pepe.okinawa)。

Share

空室検索
PAGE TOP